よくある質問

廃車手続きに関するQ&A〜よくある質問と回答集

 

車の所有者が販売業者(ディーラー)、または信販会社となっている場合(ローンを組んでいる場合など)廃車手続きはできますか?

この場合、所有権解除の手続きが必要となりますので、ディーラー、信販会社へ廃車手続きをしたいので所有権解除をしたいということを伝えて下さい。

 

ただし、所有権の解除は、ローンの残債があると出来ませんので、残債を返済する、もしくはしてあることが条件となります。

 

所有権が誰になっているか分からない場合には、車検証の所有権の欄で確認することが出来ます。

 

所有権解除の流れと必要書類(車検証のコピー・印鑑証明書・委任状・納税証明書など)必要書類を教えてくれますので、それらの書類をディーラーやローン会社などの所有権者に送ると、所有者側から「所有者の委任状及び印鑑証明書」、「譲渡証明書」が送られてくるので、それらの書類と車検証を持って廃車手続きを行います。

 

車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合はどうすればいいの?

自動車を登録した後、1回の引越しのみの場合には、従来の廃車に必要な書類に加えて、住民票が必要です。

 

自動車を登録した後、複数回引越しをしている場合には、従来の廃車に必要な書類に加えて、戸籍の附票が必要となります。本籍地の役所で取得してください。

 

現住所に至るまでの経緯、経過が分かる公的な書類が必要になるということです。

 

 

結婚して苗字が変わっている場合でも廃車手続きは出来るの?

車の名義の氏名変更をしていない場合は、本籍地の役所において戸籍の抄本または謄本の取得が必要です。

 

住所も変わってしまっている場合はそれに加えて住民票、もしくは戸籍の附表が必要となります。

 

 

車検証を紛失してしました。どうすれば廃車手続きが出来ますか?

最寄の陸運局で「車検証」を再発行してもらう、もしくは「現在登録事項証明書」などの書類を発行してもらうことで廃車手続きが可能となります。

 

ただし、車検証を紛失した場合にどのような書類が必要になるのかについては、各陸運支局によって多少の違いがあるようなので、管轄の陸運支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に確認しましょう。

 

 

ローンの支払いがまだ残っている車を廃車にしたい

残債がある場合には、なかなか廃車の手続きをとることは難しいです。

 

この場合、もし、廃車手続きが出来る場合には当然、ローン残債は払い続けるということが条件になります。

 

所有者であるディーラーやローン会社は、担保となる車自体が無くなるので非常に嫌がるはずですが、どのみち廃車にするような車が担保としての価値があるかどうかは疑問です。

 

まずは、事情を所有者に相談してみましょう。

 

また、自分で話をして信販会社やディーラーを説得する自信がない・・・という場合には、廃車の専門業者などに代わりに話してみてもらったほうがうまくいくケースが多いようです。

 

 

自動車税が未納なのですが廃車にできますか?

廃車手続きをすることは可能です。ただし、当然未納分の税金の支払いが免除されるわけではなく、その年の4月〜廃車手続きうをした月の分までの納税義務は発生しています。抹消手続き後に未納分の請求書が送られてくるのですみやかに納付しましょう。

 

他県ナンバーの車を廃車にしたいのですが、出来ますか?

住所地を管轄する陸運局でも、 住民票の住所地の陸運局でも、つまりどこでも廃車(抹消)手続きをすることができます。 ただし、現住所と車検証の住所が違うので、通常の手続きに加えて、現住所までの経緯が分かる公的な書類の提出が求められます。

 

現住所まで1回の引っ越しの場合⇒「住民票」

 

引っ越しが2回以上⇒「戸籍謄本の附票」(戸籍謄本の附票は本籍地でのみ取得が可能です。)

 

所有者が死亡してい待った場合でも廃車手続きはできるのでしょうか?

もちろん可能です。

 

所有者が亡くなってしまった場合、その車は「遺産」扱いとなります。
従って、その車を処分することが出来るのは、遺産を相続した人ということになります。

 

なので、遺産相続の協議が終わり、誰がその車を相続したのかが決定しないと処分することが出来ません。

 

所有者が死亡した際にその車を処分(廃車)にする場合に必要な書類は下記となります。

  • 遺産分割協議書(その人が相続人になったと決定したことを証明する公的な書類です。(通常はコピーで可)
  • 戸籍謄本 亡くなった方と相続人の関係を証明するためのもの。(戸籍謄本は本籍地の役所で取得します。)
  • 除籍謄本 (こちらも戸籍謄本と同じく本籍地の役所で取得します。)
  • 実印 (相続人の実印です。)
  • 印鑑証明書(相続人の印鑑証明書です。)

ちょっと、ここまでくるとすべて自分で行うというのはかなり手間が掛かると思われます。

 

結局、面倒なことはすべてプロに無料でお任せするのが正解!

 

廃車の手続きをするのにいろんなケースがあるわけですが、心配な方は廃車専門の買取業者などに相談するのが良いと思います。

 

上記の相談や廃車の手続きを、すべて無料であなたに代わってやってくれるんです。それどころか、どんな車でも買い取ってくれるので絶対に損はないはずです。

 

私のオススメの廃車専門買取業者をご紹介しておきますね。

 

下取り0円の車も高価買取り致します!