車廃車 処分 手続き代行費用が無料

廃車手続き(永久抹消)に必要な書類と持ち物

 

今回のこの記事では、一時抹消登録ではなく、永久抹消登録に必要な書類を説明しますね。

 

ちなみに、「一時抹消登録」とは、一時的に車を利用しないので、一定期間車の登録を抹消することを言います。この場合、車体は解体する必要はありません。
「永久抹消」の場合には、車体をスクラップ工場などへ持ち込んで解体する必要があります。

 

永久抹消登録と一時抹消登録の違い

 

本人が廃車手続きをする場合。

  • 印鑑証明(発行日から3か月以内のもの)
  • 実印(上記の印鑑証明と同じ印影のもの)
  • 車検証
  • ナンバープレート(前と後ろの2枚)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き(*1)
  • 手数料納付書(運輸支局で入手できます.。)(*2)
  • 申請書(正式には、「永久抹消登録申請書(及び解体届出書)」という、運輸支局で入手出来ます。)(*3)
  • 自動車税・自動車取得税申告書 (*4)

 

 

*1 このメモ書きは車体をスクラップ工場などの解体業者で解体した際に貰えるメモ書きです。これが車体を解体したことの証明になります。

 

*2 無料で入手できます。一時抹消の場合には手数料が350円ほど掛かりますが、永久抹消の場合には無料です。手数料納付書なんて紛らわしいネーミングは役所らしいですね。

 

*3 この申請書は有料です。1枚50〜100円程度

 

*4 これを運輸支局に隣接している税事務所に届け出ることで自動車税がこれ以上掛からないようにするために申請します。

 

所有者以外の人が廃車手続きをする場合に必要なもの

上記のものに加えて、「委任状」が必要となります。

 

  • 委任状<<クリックすると国土交通省のサイトから委任状書類のダウンロードが出来ます。

 

この委任状には所有者の捺印が必要なので前もって準備しておきましょう。

 

 

 

車検が1か月以上残っている場合には、重量税の還付手続きも忘れずに!

 

廃車手続きを行う際に車検の残存期間が1か月以上ある場合には、重量税の還付手続きも同時に忘れずに行いましょう。

 

必要なもの

  • 還付金を振り込んでもらう銀行の口座情報

*上記のこの口座名義は、廃車にする車の所有者と同じである必要があります。

 

代理人が申請する場合(所有者本人が届け出をしない)場合

重量税の還付申請を所有者以外の人が行う場合には以下のものが必要となります。

  • 委任状<<クリックすると国土交通省のホームページからダウンロードできます。
  • 代理人の印鑑

 

委任状のダウンロード、その他、廃車手続きについてのさらに詳しい情報は、下記の「車検と車の手続き案内センター」に書いてありますのでよろしかったらどうぞ!

 

車検と車の手続き案内センター